出産レポ1

出産 出産レポ
スポンサーリンク

こんにちは。

2017年生まれの男の子を育てる母、ひつじです。

育児絵日記を中心にエッセイ漫画を描いています。

初めましての方は自己紹介を見て頂けるとわかりやすいと思います!

自己紹介!
初めまして、3歳の息子を育てる母、ひつじです。 主に自分や家族のエッセイ漫画や絵日記を描いております。 私の家族を簡単に紹介します。 簡単すぎて何もわからん(笑) 投稿を見て少しずつ知っていってもらえたら嬉し...

 

ふくくん出産時のレポです!

頻繁に更新できるかわかりませんが、普段の絵日記と合わせてお楽しみ頂けたら嬉しいです!

どなたかの参考になればそれはそれで嬉しいですが、あくまでただの主婦の出産記録です。

読んで不快・不安になるようなら閲覧をお控えください。

※私は無痛分娩で出産しています。賛否あることは知っていますが、私なりに考えて決めたことで、後悔もしていません。

私への批判はまだいいですが(よくはないか)、無痛分娩自体に対する批判はお控えください。

 

1話

※漫画下部に補足あり

一瞬で布団が水浸しになって焦りました…。

妊婦スクワットが関係してるのか否かはわからないままです。

ほんと、妊婦スクワットはやるなら絶対自分で調べてね。

通常のスクワットしちゃダメですよ!

後になって調べたんですが、大量に破水する場合も普通にあるみたいですね。

もともと羊水が少ない等言われてる方でない限り焦る必要はないらしいです。

 

【補足】

インスタで告知したところ、「なぜ3000gを越えたくなかったのか」といった旨の質問を頂きましたので、補足します。

妊娠中に「3000超えると大きくなるほどお産が大変になってくるから2700くらいが(小さくも大きくもなく)ちょうどいい」と言われていたためです。

私の周りでそういう認識の方が多く、実際生まれた息子が3000gを超えていて、これに関しては周りだけでなくSNSでも「大きかったね」と言われたので、世の中の共通認識だと思い込んでいました。

そのため「3000越えは避けたい」という台詞になぜなのかの説明がいるとは思っておらず、描写しませんでした。

結果的に私の認識と読者の方々の認識にズレがあり混乱させてしまったようで申し訳ありません。

ただ、私は痛いのが嫌すぎて無痛を選んだくらいなので、お産が大変になるなんて怖くて仕方ありませんでした。

これは事実ですし私の記録なので補足に留め訂正は致しません。

ご理解頂けると幸いです。

 

↓続き

出産レポ2
※この記事は2話です。未読の方は1話からお願いします。 2話 陣痛は生理痛みたいな痛みから始まるって聞いてたけど、本当に「生理来たのかな?」と思うくらい生理痛そ...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
ふくふくライフ

コメント