会陰切開の傷が2年以上治らなかったお話1〜3

会陰切開の傷が2年以上治らなかったお話 産後
スポンサーリンク

こんにちは。

2017年生まれの男の子を育てる母、ひつじです。

育児絵日記を中心にエッセイ漫画を描いています。

初めましての方は自己紹介を見て頂けるとわかりやすいと思います!

自己紹介!
初めまして、3歳の息子を育てる母、ひつじです。 主に自分や家族のエッセイ漫画や絵日記を描いております。 私の家族を簡単に紹介します。 簡単すぎて何もわからん(笑) 投稿を見て少しずつ知っていってもらえたら嬉し...

 

タイトル通りですが、私は、息子を出産して2年以上会陰切開の傷が治りませんでした。

2年の間に、合わせて4回の手術(内2回は入院手術)を受け、精神的、肉体的、また経済的にも大変な思いをしました。

このお話はその治療の記録です。

インスタや以前のブログで描いていたものを少し修正して、テキストで補足しつつまとめていきます。

インスタの投稿枚数上限の都合で、1話1話が短いので、一度に2〜3話分まとめて載せます。

 

1話

 

2話

わずか2話で産後1年経っちゃってますが、実際この1年は数回受診はしたものの毎回薬を処方されて終わりで、何一つ進展しなかったのでかなりざっくり描いてます。

私は初めての育児や他のストレスで、この1年間があまりにも辛く、往復4時間、受診に5〜6時間もかかる通院なんて気が重すぎて、受診自体をサボりがちでした。

 

3話

無痛分娩についてはインスタで出産レポを投稿してますので、興味があれば見てみてください。→Instagram

出産レポもだいぶ雑に描いたので、そのうち描き直したいとは思ってるんですが、今のところ時間が無いですね…。

麻酔について。

この治療の中で、下半身麻酔と局部麻酔を何度も経験しました。

単純な痛さは局部麻酔より下半身麻酔の方が強いのですが、下半身麻酔は腰にするものなのに比べ、局部麻酔は私の場合痛みに敏感な陰部にしなければならなかったため、下半身麻酔よりもよっぽど痛かったです。

下半身麻酔は2回(出産時も合わせると3回)で済みましたが、局部麻酔は数え切れないくらいしました。本当に辛かったです。

手術までして、また傷が腫れていると分かった時は絶望しました。

手術で治らないのなら、何をすれば治るの?と不安でいっぱいでした。

 

↓続き

会陰切開の傷が2年以上治らなかったお話4〜6
この記事は4話〜です。 初めて来られた方は1話から読んで頂くことをお勧めします。 4話 言えませんでした…みなさんなら言いますか? 私は、手術後に手術...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
ふくふくライフ

コメント